住まいと結露を考えましょうー①結露とは?

住まいに悪影響を及ぼす、とても困った結露。
結露とは一体どんなものなのでしょうか。まず、その正体を知ることから始めましょう。

Chapter01 結露の正体

空気中の見えない水分

窓ガラス付近の空気は冬の日の外の冷たい空気に影響されて冷たくなっていますが、室内側の空気は暖房などで暖められています。このためガラス表面付近では、室内外の空気の温度が大きく違ってきます。その結果、空気中の水分が水滴として現れ始めます。これが結露です。

招かざる客、結露は家中いたるところに・・・

結露は窓だけでなく、壁や壁紙の表面や裏、床下や天井、また目に見えないところにも発生し、カビや細菌などが繁殖しやすい環境を作ります。また、壁にシミをつくったり、建材を傷める事にも。快適で清潔な住まいを造るためには、結露をできる限り防止する事が大切ですね。

PageTop

Chapter02 結露が発生しやすい“冬”

冬の結露

冬に発生する結露は室内外の温度差を原因とする場合が多く、そのほとんどは壁や窓に発生します。壁は断熱材を施工することで部屋側の表面結露をある程度防ぐことができるのですが、今度はその断熱材によって躯体内に温度差が生じて内部結露が発生してしまいます(内部結露の多くは、断熱材の施工不備が原因で発生します)。その結果、躯体や内装材を湿らせ、カビが生えたり、壁紙が剥がれや目地すきなどの問題がおこります。

湿気を閉じこめないで!

一般的な冬の外気はかなり乾燥しています。乾燥すると、肌のかさつきや風邪の細菌やインフルエンザなどのウィルスの予防として加湿器を使い続ける事がよく見られます。50%~60%程度の適度な湿度は美容や健康のために必要ですが、湿度が高くなりすぎた場合、少しの温度差で露点に達し、結露ができてしまうのです。
湿気がこもりやすい浴室の換気や調理している間は換気扇をつけるとか、洗濯物をほしている部屋に除湿機を置くなど、湿気が部屋の中にこもってしまわないようにすることが大切です。

PageTop

Chapter03 家の中の結露が起きやすい場所はどこ?

結露のおきやすさナンバー1!北側の部屋の壁。

家の中で一番結露がおきやすいのは、外気に接している北側に面した部屋の北壁。この壁は日中も日があたりにくく、太陽によって壁が暖められることがないため、壁の温度も低いままです。部屋の中外の温度差が大きくなって、結露もおきやすくなるのです。

温度は低いのに湿気はムンムン。押入れは要注意。

結露のおきやすい部屋としての代表格は押し入れです。閉め切っているので室温は低いままだけど、湿気だけは伝わってくる。湿度が高くなって、ほんの少しの温度差でも結露ができやすくなる。それが押し入れの結露のメカニズムです。
ときには押入れの隙間を通って入ってきた湿った空気が物にじゃまされて、奥の壁までいかずに収納物の裏で冷やされて結露となっているからです。しまっておいた布団や衣類が結露によって湿り、カビが発生してしまう、という状況にもつながります。

日あたりの悪い部屋や押し入れの結露の解決策。

【換気】日あたりの悪い部屋や押し入れでも換気を行うことで結露は防げます。特に押し入れは、襖を開け、収納物どうしの間隔をあけて収納するなど、空気の流れをつくり湿気がこもらないようにすることです。そうすると結露防止に効果が上げられます。除湿剤や防湿材を併用することも有効です。
家具やベッドと壁紙の間は、壁から5cm程度離して、空気の流れを作りましょう。そうすることで結露の発生を抑えることが出来ます。

気になる結露対策のコラムはこちら! → 住まいと結露を考えましょうー②結露対策