色柄で選びたい:目的から選ぶカーテン基礎講座

暮らしを豊かに演出する色の不思議

色によって、人が受ける印象はさまざま。心がはつらつとしたり、ほっとくつろぎを感じたり。
特にお部屋で大きな面積を占めるカーテン、選ぶ色ひとつでインテリアの雰囲気はがらりと変わります。
だから、色の持つ特徴をよく考えてコーディネートしたいもの。フレッシュなブライトトーン、素朴なナチュラルトーン、シックなグレイッシュトーン・・・。あなたのお部屋にぴったりの色調はどれですか?

  • 赤・ピンク

    赤・ピンク

    心をいきいきと元気づけてくれる赤、かわいらしい印象のピンク。幸せや愛情を感じさせ、人の心を引き立てて包み込んでくれる色調です。

  • オレンジ・イエロー

    オレンジ・イエロー

    フレッシュで若々しく、はつらつとしたイメージを創り出します。リビングルームやダイニングルーム、また、子供部屋によく似合うカラーです。

  • グリーン

    グリーン

    木々や草花といった植物を連想させ、おだやかな安らぎを与えるグリーンは心身の疲労回復を促します。リビングや寝室、書斎などに。

  • ブルー

    ブルー

    精神的な落ち着きを促し、集中力を高めるブルー。水色は透明感や清涼感、紺色はシャープさを感じさせる知的な色調です。書斎や寝室などに。

  • ベージュ・ブラウン

    ベージュ・ブラウン

    空間のイメージを選ばず、他の色を引き立てるナチュラルカラー。同系色でコーディネートする場合は、素材感で変化をつけるとセンスよくなります。

  • グレイ

    グレー

    モダンでクールな雰囲気を感じる、白から黒のグレイッシュトーン。あらゆる色となじむニュートラルカラーながら、個性的な空間を演出します。

PageTop

家具や壁紙とのトータルコーディネート

お部屋の雰囲気は、どんなカーテンを選ぶかによって大きく変わります。だからこそ、家具や壁紙とのカラーコーディネートは楽しくて難しい問題ですね。おもな配色方法とその効果についてここで簡単にご説明します。

〜色数を抑えて統一感のある空間に〜

  • 同色配色

    同色配色

    大きな家具などと同色のカーテンを選ぶ、統一感を重視した配色。小物のカラーコーディネートもしやすく、最も確実で柔軟性のある方法です。思いどおりの雰囲気を簡単につくることがえきるので、どんなお部屋にも応用できます。

  • 同系配色

    同系配色

    同じ色相で明度や彩度が異なるカーテンを選ぶ、変化のある配色。赤とピンク、茶とベージュなど、同系色の濃淡を組合わせることで、ほどよいリズム感をつくります。抑制の効いた変化は、かえって落ち着いた雰囲気を感じさせるものです。

〜多色使いで活発で楽しい空間に〜

  • 対比配色

    対比配色

    色相が異なるカーテンを選んで、インパクトのある視覚効果を生み出す配色。その印象は、対比する2つの色が鮮やかなほど強くなります。ナチュラルカラーを組合わせて、やさしい楽しさを演出することも可能です。

PageTop

ちょっと知っておきたいコ―ディネートのポイント

  • 家具の色や貼り地と合わせる。

    家具の色や貼り地と合わせる。

    内装をアイボリー・ベージュでまとめることが多いリビングダイニングでは、椅子の貼り地やソファなどとカラーコーディネートするのがポイント。同系色(濃淡・類似色・同じ色を使った柄物など)でまとめると美しく調和します。

  • ラグやクッションとあわせる。

    ラグやクッションとあわせる。

    ラグやクッションなど、インテリア小物と合わせるコーディネートもおすすめです。季節ごとに模様替えをして、手軽にイメージの変化を楽しむこともできます。

  • 壁紙とあわせる。

    壁紙とあわせる。

    壁紙と同系色でまとめると、窓の存在感がやわらぎ、お部屋が広く感じられます。また、柄物のクロスを張ったお部屋の場合は、柄から一色を取り出し、カーテンと合わせましょう。柄の個性を引き立てて、すっきりとした調和を感じさせます。

  • ベッドスプレッドと合わせる。

    ベッドスプレッドと合わせる。

    寝室はベッドが大きな面積を占める空間。せっかくのカーテンの印象を損なわないよう、ベッドスプレッドも慎重に選びたいもの。統一感を意識すれば、ホテルの部屋のような整然とした雰囲気がつくれます。

目的から選ぶカーテン基礎講座